女装子さんに最適なアイメイクの手順

スポンサーリンク

 

2015y09m28d_151602950

 

何となく自分なりの手順でアイメイクをしているけど、イマイチ仕上がりが悪い

今更、アイメイクの順序なんて人に聞けないし~

こんな悩みを持っている女装子さんは意外と多いのでは?

Google等で「アイメイクの順序」ってキーワードで検索すると、様々なアドバイスが掲載されていますが、殆どが純女さん向け。

女装子さんに特化したアドバイスは少ないですね~

そこで、私が20年間のメイクの中で最終的にはコレだという順序を説明させて頂きます。

ナチュラルメイクというより、かなり派手系(ケバメイク)ですがご参考になれば幸いです。

準備するモノ

1.アイブロー

2.ベース用アイシャドー(淡い系)

3.アイライナー(ジェルタイプ)

4.仕上げ用アイシャドー(ダーク系)

5.つけまつ毛

6.アイライナー(仕上げペンシルタイプ)

以上、6つのお化粧品を数字の順番に使っていきます。

1.アイブロー

・アイメイクの基本となる位置決めを正確に行なう為、眉のカット、アイブローによる眉書きを最初に行います。

・最近の流行は、太めのアイブローで眉を書いて、外側の輪郭をブラシでぼかす方法です。

2015y09m28d_145727243

2.ベース用アイシャドー(淡い系)

・次にピンク、ブラウン系のシャドーを眉の下(アイホール)全体、薄いベージュ系のシャドーを眉毛の上、まぶたの下部分に落としていきます。(中くらいの化粧筆を使ってください)

・この時、アイホールには同系の色を3種類くらいグラデーションをつけて落とすのがコツです。

2015y09m28d_145922679

3.アイライナー(ジェルタイプ)

・目を大きく見せる為にアイライナーはかなり濃い目(太め)に塗るのがポイントです。

・まぶたの上だけでなく、下にも細くアイライナーを入れる事を忘れないでください。

・何度も重ね塗りをするのが綺麗に仕上がるコツなので、重ね塗りに適した「ジェルライナー」が一番使いやすいです。(色は黒が基本、場合によってはラメ入りも)

2015y09m28d_150309320

4.仕上げ用アイシャドー(ダーク系)

・ジェルライナーとの境目をぼかし、自然な感じでアイシャドーと調和させる為に黒系のアイシャドーと濃い目の赤、ブラウン系のシャドーで仕上げます。

・この時、目の下部分にも仕上げ用のシャドーを入れるのが綺麗に見せるコツです。

2015y09m28d_150526244

5.つけまつ毛

・女装子さんの場合、ビューラーで自分のまつ毛を大きくするのではなく、かなり派手(大き目)の付けまつ毛を使うのがポイントです。

ちょっと派手かなぁ? と思うくらい・・ときには2枚重ね合わせが丁度いいかもです。

2015y09m28d_150852062

6.アイライナー(仕上げペンシルタイプ)

・付けまつ毛の接着部を中心に黒のペンシル型アイライナー(リキッドタイプ)で仕上げます。

・目尻の仕上げは、基本、3.のジェルライナーで行なっておき、最後のリキッドライナーで微調整するのがポイントです。

2015y09m28d_151204297

 

以上が私が行なっているアイメイクの手順です。

アイメイクの派手さ加減は、ジェルライナーで書くときの太さ仕上げ用アイシャドーの濃さ付けまつ毛の種類、以上の3点で強弱をつけています。

お化粧の80%はアイメイクで決まります。

自分なりにいろいろと工夫して、セクシーな美人メイクを目指してくださいませ~~!!

 

コメント