海外での女装事情(東南アジア編)

スポンサーリンク

2015y02m27d_131324951

私は2年くらい前まで仕事の関係で、海外(中国&東南アジア)に頻繁に行っていました。 パスポートはページを増刷するくらいで、帰国時に荷物を開けられる事が度々・・・

その都度、女性用の靴、バッグ、衣類を怪しまれて事情を説明するのも面倒なので女の子モードで帰国した事もしばしばありました。(こうすれば一目瞭然ですもんね)

東南アジアへの旅行は、費用が安い、渡航時間も短くて相変わらずの人気です。特ににインドネシア(バリ)とかタイ、ベトナム、マレーシアのリゾート地に集中している感じですね。

当然、女装子の方は海外でも女装で観光&街歩きしたいという願望があると思いますが、注意して欲しいのは「イスラム教」が信仰のメインの国です。

具体的には、「インドネシア」、「マレーシア」です。 イスラム教の教えでは「同姓愛」は邪悪なものとして捉えられています。

アラブ諸国では同姓同士でSEXした場合、「死刑」になる国も存在します。

インドネシア、マレーシアでは、ムタワ(宗教警察)という組織が存在し、取り締まりを行なっています。 この国へ遊びに行って女装子モードで街歩きは極力、注意してくださいね。 メリアホテルグループ等、「クラブ」がある大きなホテルに泊まって、ホテル内で遊ぶのがオススメです。

ホテル内なら何処でも大丈夫、勇気があれば「水着でプール」にも挑戦してください。

最も女装子さんに適しているのは、やっぱり「タイ」でしょうね!!

バンコク、リゾート地のプーケット・・何処に行ってもお仲間はたくさん見かけます。 女装子モードでも街歩きも全然OKで、夜にBarでも入ったらモテモテでしょうね!!

注意したいのは宿泊しているホテルに女装子モードで出入りするとチェックを受ける事が度々あります。(宿泊フロアに現地女性の単独出入りを禁止しているホテルも多いです)

そこで外出するときにフロントに女の子モードで一声かけて、「私はオネェです」ってアピールしておく事をオススメします。

ただ、夜の繁華街は注意してくださいね!! エッチ目的・・それも「犯罪行為のエッチ目的」の不良外人もいますので、そんな人には絶対に近寄らないようにしましょうね。

それでは、東南アジアに行くチャンスがあれば、是非とも現地での女装遊びにチェレンジしてくださいね~!!

 

旅行、他
スポンサーリンク
シェアする
m.uedaをフォローする
オトコ(女装子)の変身、お化粧、服装MEMO

コメント